お問い合わせ

TEL: 092-681-1210

 

 

福岡市東区香椎駅前1-13-24

アイノスタジオ

 

 

営業時間

9:00 ~ 18:00

 

定休日:火曜日  水曜日

 

 

参拝の作法

◆ 神社参拝の作法と玉串料

※手水の作法

神社の鳥居をくぐったら、参拝をする前に手水舎で身を清めます。

1.柄杓(ひしゃく)を右手で取り、まず左手をすすぎます。

2.柄杓を左手に持ちかえて、次に右手をすすぎます。

3.柄杓を右手に持ちかえて左掌(てのひら)に水を注ぎその水で口をすすぎます。そしてもう一度左手をすすぎます。

※神様に参拝する作法

神前に進んだら姿勢を正し、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。

1.まず二回、深く頭をさげます。(その深さは腰を九十度に曲げる程度が美しいといわれています)

2.二拝したあと、胸の前で両手を合わせ、右手を少し下にずらして二回手を打ちます。二拍手のあと、両の指先を揃えて、祈りをこめます。

3.最後にもう一回深く頭を下げます。

※玉串の捧げ方

1.神職からわたされる玉串の根元を右手で上から持ち、中央に左手を下からそえます。

2.玉串を胸の高さに捧げ持ち、案と呼ばれる机の前に進み一礼します。

3.玉串を時計回りに九十度回し、縦に持ちます。

4.左手を下げ両手で玉串の根元を持ち祈りをこめます。

5.さらに玉串を時計回りに回して、根元を神前の方へ向けます。

6.玉串をそのまま、案の上に置きます。

※玉串料

正式参拝や御祈祷をする場合には神社にお包みを持っていきます。

そのお包みには、玉串料や初穂料と表書きします。

玉串料は神前にお供えする玉串にちなんだもので、初穂料とは、その年に収穫した稲を神前にお供えしたことからきています。

 

編集/神社本庁 神宮司庁  発行/神社新報社 より